コンセプト

いのちの森 プロジェクトのまち和泉市

そのまちのほたるがおとずれる場所で
大切に育てられたミツバチたちの“みつ”です。

私たちの家族であるミツバチたちが集めた
“みつ”で、みなさまの食卓に
少しでも喜びを与える食品であると幸いです。

蜂たちと共に、自然な生活を大切に。

大阪府和泉市の国産はちみつ販売「hachiiro」のコンセプト

国内生産率が低いせいか国産はちみつに
過剰な価値を付与している商品を見かけることがありますが
hachiiroでは致しません。

“はちみつがいつもある風景”
をモットーに蜂飼いとして間接的ではありますが
皆さんの見えない所でお役に立てれば。
と思っています。

一つ空の下ですべての繋がりを感じながらhachiiroは時間を紡ぎ続けます。

生はちみつをお楽しみいただくために

はちみつは固まっても味や風味、品質には問題ありません。

はちみつが固まる主な原因は温度です。
寒い室温や冷蔵庫で保存すると固まることが多くなります。
それは、はちみつに含まれるブドウ糖の性質によるものです。

固まってしまったはちみつを
元に戻す方法

1. まず鍋に水を入れ、底に直接はちみつの瓶が付かないようにお皿を敷きます。そこに蓋を外した状態ではちみつを容器ごと入れます。
この時、水面がはちみつの量より少し下になるくらいが適量です。

2. 次に鍋に火をかけます。
お湯の温度が50~60度くらいになったらはちみつをかき混ぜ結晶を溶かしていきます。
はちみつは高温になりすぎると成分が変化してしまうので、温度が上がりすぎないように注意が必要です。

3. 途中スプーンなどでかき混ぜ、ムラをなくすようにしましょう。

4. はちみつが元の状態に戻ったら、お湯から出して自然に冷まします。

※湯せんは結晶が完全に溶けるまで。
少しでも溶かし残しがあると、すぐにまた結晶化してしまいます。

生はちみつをお楽しみいただくために